読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企画 コミュニケーション

企画の為のコミュニケーション

企画の為のコミュニケーションづくり

goo.gl

企画(きて使う)とは、議論の過程一つで特に単発的な新規事項を計画することでも、その議論によって行われる集い(ヨン例).

その動作は「企画する」と同社型と呼ばれる。 人数はひとりまたは、複数人で行われる。

集い(ヨン例)の中で、多くの時間を経過して企画されて、事前に行われるための準備を必要とする。

また、商業活動にあっての、新製品やキャンペーンに関しても企画だと呼ばれて[要出場],立案から実行の直前までのプロセスを示す[要出場].

商業活動には必要不可欠な要素[要出場]だ。  企画を専門にする部門を持つ会社もある程度だ。

「コミュニケーション」という語は多種多様な用いられ方をしている。

辞典類ではまず、人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達[1][3]、などといった簡素な定義文が掲載されている。

ただし、上記のような定義文では不十分で、一般に「コミュニケーション」というのは、情報の伝達だけが起きれば充分に成立したとは見なされておらず、人間と人間の間で、《意志の疎通》が行われたり、《気持ちの通い合い》が行われたり、《互いに理解し合う》ことが起きて、はじめてコミュニケーションが成立した、といった説明を補っているものもある [4]

原義が上記のようであるため、コミュニケーションに含まれるものは実に広範囲に及ぶ。そもそも言語そのものが他者とのコミュニケーションを目的とするものであり、言語を使って他者へと呼びかけるものはすべてコミュニケーションと呼ばれうる。挨拶会話演説も、すべてがコミュニケーションである。個人間のコミュニケーションにおいても、直接の接触だけでなく、電話手紙といったように遠隔地にいる者に対して何らかの媒体を使用しコミュニケーションをとることは広く行われている[5]報道も「マスコミュニケーション」という語の通り、コミュニケーションの重要な部分を占める。言語を使わないコミュニケーションも当然存在し、非言語コミュニケーションと呼ばれる(後述)。贈答もコミュニケーションにおいては重要な部分を占める。

学術的には、一般的な用法から離れて、広義に用いることがあり、記号などの何らかの因子の移動を伴う、ある分けられる事象間の相互作用の過程をコミュニケーションと呼ぶことがある。